オンラインde伝統文化教室ご応募受付フォームへ

ホーム

当イベントについて

時代の変化とともに、子供たちが、伝統文化等に触れ、体験する機会が少なくなっています。
長い歴史のなかで、大切に守り伝えられてきた「伝統芸能・生活文化」を、この機会にお子さまと楽しみませんか。
当イベントは、こどもたちに伝統文化を体験してもらうイベントです。関西にゆかりのある伝統芸能や生活文化を、楽しくわかりやすく学べます。
令和4年度に開催するのは「歌舞伎(かぶき)」「丹後二俣紙(たんごふたまたがみ)」「阿波踊り(あわおどり)」「根來塗(ねごろぬり)」「麒麟獅子舞(きりんじしまい)」「日本舞踊(にほんぶよう)」「甲賀流忍術(こうかりゅうにんじゅつ)」「奈良墨(ならすみ)」の計8コースです。
みなさんのご参加をお待ちしております!

オンラインde伝統文化教室のご応募はこちらオンラインde伝統文化教室のご応募はこちら
歌舞伎
  • タイトルアイコン
  • 歌舞伎体験
  • 日程

  • 令和4827日(土)
  • 時間

  • 15:00〜
  • 定員

  • 120

8月4日(木)から募集開始
8月27日(土)0:00最終締切
26日中まで先着で参加可能

当選者の方に「歌舞伎マンガ」をお送りいたします!
歌舞伎のご紹介

歌舞伎(かぶき)は,舞楽、能、狂言、人形浄瑠璃などとともに日本の代表的な古典演劇であり、人形浄瑠璃と同じく江戸時代に庶民の芸能として誕生し,育てられて、現代もなお興行素材としての価値を持っています。
明治以後,江戸時代に作られた作品は古典となり,演技・演出が型(かた)として固定したものも多いですが、一方に新しい様式を生み出し、その様式にもとづいた作品群が作りつづけてきました。
また,古典化した作品の上演にも新演出を試みるなどの方法によって,全体としては流動しながら現代に伝承され,創造がくり返されています。(出典 株式会社平凡社/世界大百科事典 第2版)

イベント内容

1. (おはなし)歌舞伎ってなあに?

2. (おどり)「釣女」

ユネスコ無形文化遺産にも登録されている日本の伝統芸能「歌舞伎」。でも難しいと感じられる方も多いのでは?そこで今回は「歌舞伎ってなあに?」でわかりやすく解説、皆さんに実際に女方(おんながた)や見得(みえ)にチャレンジしてもらいます。解説の後はユーモアあふれる舞踊劇「釣女」をガイダンス付きでご覧いただきます。

出演者

[出演] 片岡松十郎、片岡千壽、片岡當吉郎、片岡りき彌、中村翫政 他
[制作] 松竹株式会社

区切り
  • タイトルアイコン
  • 丹後二俣紙体験
  • 日程

  • 令和4911日(日)
  • 時間

  • 13:30〜
  • 定員

  • 120

8月10日(水)から募集開始
9月6日(火)まで延長募集/定員になり次第締め切り

当選者の方に「和紙うちわキット」をお送りいたします!
丹後二俣紙
丹後二俣紙のご紹介

丹後の水と、自ら育てた楮(こうぞ)で漉(す)く本物の和紙

京都府福知山市大江町は、江戸末期から明治にかけて多くの製紙所が存在し、府内の代表的な和紙産地でした。「丹後二俣紙」は、平成17年に京都府指定無形文化財に登録され、現在は府内の代表的な伝統工芸品となっています。
今回は福知山市内唯一の製紙所「田中製紙工業所」のご協力のもと、丹後二俣紙のうちわを作っていただきます。

イベント内容

1.(おはなし)和紙ってどんなもの?

2.(うちわ作り体験)ひまわりのちぎり絵にチャレンジ!

和紙を使って、ひまわりのちぎり絵に挑戦してもらいます。
講師と一緒に和紙をちぎって、貼って、自分だけの世界に一つしかないうちわを作りましょう!

講師

丹後和紙 田中製紙工業所
福知山市 大江町和紙伝承館
丹後二俣紙保存会

区切り
阿波踊り
  • タイトルアイコン
  • 阿波踊り体験
  • 日程

  • 令和41010日(月・祝)
  • 時間

  • 14:00〜
  • 定員

  • 120

9月5日(月)から募集開始
9月26日(月)締切

当選者の方に「はちまき又は編笠」をお送りいたします!
阿波踊りのご紹介

江戸開府より約400年の歴史がある日本の伝統芸能「阿波踊り」

徳島県(旧・阿波国)を発祥とする日本三大盆踊りのひとつです。今回出演する「娯茶平連」は、「腰を低く落とし、地をはうように進む」男踊り、「品よく、優雅に、艶やかにがモットー」の女踊り、「キレのよい団扇踊り」の女ハッピ踊り、「赤ハッピの子供たちの笑顔がはじける」ちびっこ踊りを中心に披露しております。

イベント内容

1.(おどり)迫力ある阿波おどりを見てみよう!

2.(おどり体験)おとこ踊り、女おどり、ちびっこおどりにチャレンジ!
この体験教室では日本3大祭りでもある「阿波踊り」の踊り方をお伝えします。
手と足の使い方に特徴のある踊りを体験して、みんなで楽しくおどろう!

出演団体

娯茶平連

区切り
  • タイトルアイコン
  • 根來塗体験
  • 日程

  • 令和41029日(土)
  • 時間

  • [1] 13:00 [2] 15:00
  • 定員

  • 各回60

9月23日(金・祝)から募集開始
10月14日(金)締切

当選者の方に「根來塗キット」をお送りいたします!
根來塗
根來塗のご紹介

世の中に「~塗り」という呼ばれ方もない頃から「根來もの」として使われてきた伝統ある漆器

新義真言宗総本山根來寺で生まれた「根來塗(ねごろぬり)」。その特徴は丈夫さと形の美しさにあり、近世以降は下地の黒が見える朱塗りを根來塗と呼ぶほどに全国の産地に影響を与えました。使うほどにツヤが増し、下地に堅牢な漆下地を塗り重ねていることから鮮やかな朱色の下に中塗りの黒漆が浮かび上がり、味わいのある器へと変わっていきます。

イベント内容

1.(おはなし)根来塗ってどんなもの?

2.(朱漆体験)お箸に朱漆を塗ってみよう!
本物の漆を使ってお箸に塗っていただきます。
素敵なお箸を作ってみよう。

講師

根来塗振興会
紀州根來塗初根工房
塗師 伊藤惠 氏

区切り
麒麟獅子舞
  • タイトルアイコン
  • 麒麟獅子舞体験
  • 日程

  • 令和4115日(土)
  • 時間

  • 14:00〜
  • 定員

  • 120

9月30日(金)から募集開始
10月21日(金)締切

当選者の方に「体験キット」をお送りいたします!
麒麟獅子舞のご紹介

他地域には見られない獅子頭を用いた重厚な舞

麒麟獅子舞(きりんししまい)は、1650年に建立された鳥取東照宮の祭礼の行列に登場したのが始まりと考えられています。中国の想像上の動物・麒麟を思わせる獅子頭を被り、胴幕に大人二人が入って舞う二人立ちの獅子舞で、多くは一頭で舞われています。令和2年には、「因幡・但馬の麒麟獅子舞」が国重要無形民俗文化財に指定されました。

イベント内容

Coming Soon

出演団体

因幡麒麟獅子舞の会

区切り
  • タイトルアイコン
  • 日本舞踊体験
  • 日程

  • 令和41127日(日)
  • 時間

  • [1] 13:00 [2] 15:00
    各回約45分
  • 定員

  • 各回60

10月24日(月)から募集開始
11月14日(月)締切

当選者の方に「扇子」をお送りいたします!
日本舞踊
日本舞踊のご紹介

史実や地方の伝説、また風景などを題材にした舞台芸術

日本舞踊(にほんぶよう)とは、すなわち日本の踊りです。
日本の踊りといっても神楽や伝承民俗芸能、あるいは盆踊りや民謡といった民俗的なものではなく、あくまで舞台上で上演することを目的とした舞台芸術です。
日本舞踊の作品には、歌舞伎の舞踊作品はもちろん、史実や地方の伝説を題材にしたもの、また風景などを題材にしたものなど、たくさんの作品があります。

イベント内容

Coming Soon

講師

兵庫県舞踊文化協会
花柳知香之祥 氏

区切り
甲賀流忍術
  • タイトルアイコン
  • 甲賀流忍術体験
  • 日程

  • 令和4123日(土)
  • 時間

  • [1] 13:00 [2] 15:00
    各回約60分
  • 定員

  • 各回60

10月28日(金)から募集開始
11月18日(金)締切

当選者の方に「ゴム手裏剣」をお送りいたします!
甲賀流忍術のご紹介

忍術実験「NinTube」にて、甲賀忍者の真の姿を発信

甲賀忍者 嵩丸(たかまる)。甲賀市地域おこし協力隊として、忍者に関連した観光振興やアクティビティ開発、講演・体験教室などを行う。三重大学大学院忍者・忍術学コースの第一期修了生として忍術書の研究を続け、忍術書「万川集海」の原典といわれている「間林清陽」を発見した。忍術実験YouTubeチャンネル「NinTube」にて、日々甲賀忍者の真の姿を発信中。

イベント内容

Coming Soon

講師

一般社団法人
甲賀市観光まちづくり協会
甲賀忍者 嵩丸 氏

区切り
  • タイトルアイコン
  • 奈良墨体験
  • 日程

  • 令和41218日(日)
  • 時間

  • [1] 13:00 [2] 15:00
    各回約45分
  • 定員

  • 各回60

11月14日(月)から募集開始
12月5日(月)締切

当選者の方に「墨作りキット」をお送りいたします!
奈良墨
奈良墨のご紹介

奈良墨の製法は数百年間ほとんど変わることなく続いています

墨の歴史は古く、およそ1400年前の西暦610年に奈良の飛鳥に伝えられたことが日本書紀の一節の中に記されています。その後、近畿地方を中心に国内での墨づくりが始まり発展していく中、現在の「油煙墨(ゆえんぼく)」と呼ばれる奈良市名産の墨が造られたのは今から約600年ほど前。今日まで奈良墨の製法は数百年間ほとんど変わることなく続いております。

イベント内容

Coming Soon

講師

錦光園
長野睦 氏

イベントQ&A
複数の体験への申し込みは可能ですか?
お申し込みは可能です。ただし、抽選制のため、当選者の方のみ参加が可能となります。
どこで開催されますか?
今回の教室はオンライン開催です。当選者の方には後日ZoomのURLをお送りいたしますので、そのURLからアクセスをお願いいたします。
必要な準備はありますか?
後日お送りするZoomのURLへアクセスできる端末と、安定した回線のご用意をお願いいたします。
当選者の方には、事前に体験セット等をお送りいたしますので当日ご準備をお願いいたします。
参加資格はありますか?
今回の教室は、[1]小・中学生とその保護者の方、かつ、[2]関西広域連合管内(滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、徳島県)在住の方、を対象としております。未就学児童、高校生以上のご参加はご遠慮くださいますようお願いいたします。
参加料はいくらですか?
参加は無料です。
所要時間はどれくらいですか?
各コースによって異なります。約60〜90分を予定しております。
おとなも参加できますか?
親子教室ですので、小・中学生のお子様とご一緒に保護者の方もぜひご参加ください。
申込方法を教えてください。
こちらのお申し込みフォームよりお申し込みください。
プレゼントは兄弟分もらえますか?
プレゼントは、当選者の方のご住所につき1セットとなりますので、ご兄弟分はご用意できません。

その他ご不明な点がございましたら、
下記お問合せ先までお問い合わせください。

アーカイブ動画

イベント開催後、順次公開

お問合せ先

オンラインde伝統文化教室事務局 (株)関広内

604-0857 京都市中京区烏丸通二条上ル蒔絵屋町256番地
TEL:075-212-5221 (受付は平日10:00-18:00)
FAX:075-231-4677
E-mail:online@kansai-dentoubunka.com (受付は24時間)
担当:西浦・山本

タイトルとURLをコピーしました